スマホゲーム

運転室で車掌がスマホゲーム JR上越新幹線 乗務中に

上越新幹線の車掌が、乗務中にスマートフォンでゲームをしていたことがわかった。

JR東日本によると、会社のウェブサイトに寄せられた情報を元に、40代の男性車掌に事情を尋ねたところ、車掌は11月5日午前11時ごろ、上越新幹線の運転室でゲームをしていたことを認めたという。

さらにくわしく事情を聴いたところ、10年前から、1回の乗務あたり10回~20回の頻度でゲームをしていたことがわかった。

車掌が遊んでいたのは、スマホの位置情報を利用し訪れた場所の数を競うゲームで、「より多くの位置情報を得たかった」と話しているという。

JR東日本新潟支社は、「乗務中の私物の携帯電話等の使用は禁止しており、再発防止のための指導を徹底する」としている。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

-スマホゲーム

Copyright© エスピーtube , 2022 All Rights Reserved.