マッチングアプリ

マッチングアプリで知り合った女性を殺害した罪に問われた男 「私がすべてやりました」 既婚を隠し交際か

去年10月、兵庫県姫路市で女性を殺害し、その後、遺体を遺棄した罪に問われた男の裁判が始まり、男は起訴内容を認めました。

兵庫県姫路市の無職・関口羊佑被告(36)は去年10月、姫路市の駐車場で梅本依里さん(当時34)の首をしめて殺害して遺体を加西市に埋めた、死体遺棄などの罪に問われています。

5月30日に始まった初公判で、関口被告は「私がすべてやりました」と起訴内容を認めました。

検察側は、関口被告が梅本さんとマッチングアプリで知り合い、妻子がいることを伝えずに交際していたと指摘。

「妊娠中の梅本さんに堕胎を求めたが受け入れてもらえず、身勝手極まりない、計画的な犯行に及んだ」と主張しました。

これに対し弁護側は「被告は凶器を使っておらず、計画性に乏しい」と主張しました。

カンテレ「報道ランナー」2022年5月30日放送
関西のニュースをお届けします!【カンテレNews】https://www.ktv.jp/news/
チャンネル登録をお願いします! http://www.youtube.com/channel/ UCQhaZjODkIjuv38d-i5TVRw?sub_confirmation=1

#マッチングアプリ #女性殺害 #遺体遺棄 #起訴内容 #初公判

-マッチングアプリ

Copyright© エスピーtube , 2022 All Rights Reserved.